フードコーディネーター3級資格とは【難易度・勉強法・口コミまとめ】

フードコーディネーターとは、新しい食の「ブランド」「トレンド」を創る、食の「開発」「演出」「運営」のクリエイターです。

フードコーディネーター資格認定試験とは、特定非営利活動法人日本フードコーディネーター協会が認定している民間の資格。

この資格を取得することで一定以上の食に関する知識があることを証明できます。

食に興味があり、美味しい料理と素敵な盛り付けやテーブルコーディネートでお客様をおもてなししたい、という個人の趣味の方。

食の仕事に就いている、もしくはこれから就きたいと思っていて今以上に知識を増やしたいという方まで、様々な方が興味を持ち取得している資格です。

食に興味のある方でしたら楽しく学ぶことができるでしょう。

ここではフードコーディネーター3級について解説します。

【合格率70%以上】フードコーディネーター3級資格認定試験の難易度

3級は、フードコーディネーターの中での初級・入門的位置づけです。

フードコーディネーター3級資格認定試験では、フードコーディネーターとしての食に関する幅広い知識が問われます。

難易度/合格率 ★★☆☆☆ / 70%〜80%
試験形式 CBT(コンピューター ベースド テスティング)
勉強方法 独学・通信教育・通学
受験資格 中学校卒業以上
試験料 一般 11,000円

会員     6,000円

フードコーディネーター資格認定試験は3級から1級まであります。

3級は2級、1級と違い知識を問われる問題のみなので難易度は高くありません。

比較的挑戦しやすい資格試験と言えるでしょう。

正解な合格率は発表されていませんが、概ね70%〜80%のようです。

決して低い数字ではないですよね。

フードコーディネーター3級資格認定試験で問われる内容・試験範囲

フードコーディネーター3級で問われる内容は次の通りです。

試験で問われる内容 試験範囲
フードコーディネーターが携えるべき「食」に関わる4分野

l  文化

l  科学

l  デザイン・アート

l  経済・経営

 

・新・フードコーディネーター教本

・食に関する一般常識問題

 

余裕で簡単!とまではいきませんが、指定テキストをしっかり理解していればそれほど難しくはありません。

フードコーディネーター3級資格認定試験の勉強方法

フードコーディネーター3級を勉強する方法は次の3つがあります。

  • 独学で勉強する
  • 協会認定校を通学する
  • 通信講座を利用して勉強する

独学で勉強する

フードコーディネーター3級資格認定試験対応テキスト「新・フードコーディネーター教本 」や「フードコーディネーター過去問題集 3級資格認定試験」を利用して勉強をすると良いでしょう。

書店やインターネットで販売しています。

フードコーディネーター資格認定試験には、日本フードコーディネーター協会が開催している試験対策講座があります。

3級はオンラインでの視聴による講座で、配信期間中でしたらいつでも視聴することが可能です。

申し込みはフードコーディネーター3級資格認定試験の願書提出時のみとなっています。

単独での申し込みはできませんので、ご注意ください。

3級は独学で合格する方もすくなくないため、知識がすでにある方は独学でチャレンジするのもいいでしょう。

協会認定校へ通学する

日本フードコーディネーター協会の認定校(全国75校)へ通い、所定の課目を履修。

そうすればフードコーディネーター3級資格認定試験が免除。

協会に認定登録申請をすることによって3級の資格を取得することができます。

フードコーディネーター3級のみの講座ではなくそれぞれの学校の講座を履修する過程でフードコーディネーター3級の資格も取得できます。

費用かかりますがしっかり通学で勉強したい方にはおすすめです。

通信講座を利用して勉強する

通信講座には、ジャパンフードコーディネータースクールの「フードコーディネーター3級資格認定試験対策講座」があります。

独学より費用はかかりますが、時間を掛けずに効率よく勉強したい方にお勧めしたい法です。

公式テキストに加えて試験対策ノートやDVDが教材として用意されており、基礎から重要なポイントまでしっかり学べます。

希望者は模擬試験を受けることができ、本番に備えて少しでも不安を減らせるのが嬉しいですね。

(別途受験料が必要になります)

どの方法で勉強をするか悩んでいる方は独学より効率的に勉強でき、通学よりも低コストで学べる通信講座がおすすめです。

フードコーディネーター3級資格認定試験の口コミ

ジャパンフードコーディネータースクール 合格者の声より

・最初は独学で試験に挑もうと考えていましたが、広範囲な学習分野の為、なかなか勉強が進まない。そんな時にこちらの講座を見つけ、受講をしました。しっかりと公式テキストに沿った解説で、基礎から重要点までの食の業界に必要な知識の整理をすることができました。DVDは何度も繰り返し見ることが出来るのはもちろん、過去問題集だけでなく、出題傾向を予測したサブノートで実際の試験を想定した勉強方法が分かり、合格への力が身に付きました。

Y.Sさん

・独学で勉強していましたが、実際のイメージがわかず、なかなか用語を覚える事ができませんでした。そこでこちらの講座を見つけ受講を決めました。テキストには丁寧な解説があるのはもちろん、直接講師の方に質問できますし、イメージができるようになっていきました。過去問を実際に問いてみると試験本番の練習にもなりますし、採点をしてみると自分が今どのレベルかが分かり、そこからまた繰り返しテキストを勉強しました。実際に、試験でも勉強した部分がたくさん出ていたので、大変役立ちました。

S.Hさん

独学で勉強をしていたけれどなかなかうまくいかず、通信講座を受講したら勉強の方法がわかるようになってきたという声が多いようです。

講座を繰り返し視聴し演習をすることで、理解度がどんどん上がってきて合格に近づいたということがわかりますね。

まとめ

今回は、フードコーディネーター3級を取得するための方法をお伝えしました。

  • ・位置付けとしてはフードコーディネーターの入門編
  • ・認定資格試験の難易度は高くなく、挑戦しやすい
  • ・独学で勉強することが可能
  • ・協会認定校では資格試験が免除され、登録によって資格を取得することが可能 ・通信講座では基礎と重要なポイントが学べ、模擬試験が受けられる
  • ・独学では難しかった場合は通信講座を受講することが合格への近道

フードコーディネーター3級を取得するための勉強は、食という生活と密着した知識が一層深まり、生活の質が向上する内容です。

この記事を参考にしていただいて、是非試験で合格を勝ち取ってくださいね。